コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

夏の「バサラ祭」にゲーム・舞台キャスト集結!ギャグ満載の「学園BASARA」に期待

1715

「バサラ祭2018~夏の陣~」の様子。下段左から小林裕幸氏、伊阪達也、白又敦、眞嶋秀斗、中尾拳也、汐崎アイル、瀬戸祐介。上段左から森田成一、関智一、保志総一朗、森川智之、三木眞一郎、石野竜三、中原茂、速水奨。

「バサラ祭2018~夏の陣~」の様子。下段左から小林裕幸氏、伊阪達也、白又敦、眞嶋秀斗、中尾拳也、汐崎アイル、瀬戸祐介。上段左から森田成一、関智一、保志総一朗、森川智之、三木眞一郎、石野竜三、中原茂、速水奨。

ゲーム、アニメ、舞台の「BASARA」シリーズにまつわるイベント「バサラ祭2018 ~夏の陣~」が、本日7月14日に東京・中野サンプラザホールにて開催された。

イベントには戦国アクションゲーム「戦国BASARA」シリーズから、石田三成役の関智一、真田幸村役の保志総一朗、片倉小十郎役の森川智之、前田慶次役の森田成一、後藤又兵衛役の三木眞一郎、長曾我部元親役の石野竜三、毛利元就役の中原茂、明智光秀・天海役の速水奨が登壇。舞台「斬劇『戦国BASARA』」シリーズからは伊達政宗役の眞嶋秀斗、徳川家康役の中尾拳也、前田慶次役の伊阪達也、後藤又兵衛役の汐崎アイル、長曾我部元親役の白又敦、明智光秀役の瀬戸祐介が参加した。キャスト陣に加え、「戦国BASARA」のプロデューサーを務めるCAPCOMの小林裕幸氏も出席。

まず最初のコーナーは、「戦国BASARA」の声優陣による生ボイスドラマ「戦国ドラマ絵巻」。キャストたちは歴代のゲームで描かれたエピソードや、ここだけのオリジナルストーリーを読み上げていく。石野演じる長曾我部の「行け! 野郎ども!」というセリフには、観客が一丸となり「アニキー!」と即興で応えた。

次は舞台キャストと小林氏も壇上に上がり、全員でのトークコーナーへ。ここではアニメ「学園BASARA」の第1弾キービジュアルやPV、主題歌や放送情報が公開され、観客を大いに沸かせる。「『戦国BASARA』のキャラクターたちがもしも現代の高校生だったら…?」をテーマに、これまでのイメージとは異なるキャラクターの姿を見られる本作。PVを見て関は「ギャグの雰囲気がすでにある」と笑いながら、アニメでも(徳川)家康のことを追いかけ続けるのは変わらないと述べる。保志も「幸村はブレていないので安心して見られる」とコメント。周りのキャスト陣も、高校生になった姿が一番似合うのは幸村だと頷いた。

速水が見どころとして挙げたのは、女性陣のセーラー服姿。「特にお市さまが最高」と続け、観客の期待を煽る。中原は元就がトレードマークの“オクラ帽”をかぶっていないことに触れ、「吹奏楽部に所属するからオクラホルン、もしくはオクラッパとかになってるかも」とジョークを飛ばす。この場で又兵衛もアニメに登場することが発表されると、三木と汐崎は固い握手とハグを交わし、それぞれ噛みしめるようにガッツポーズをした。

クロストークの後は、14名の出演者が東軍と西軍にわかれて行うゲームコーナーに。「一刀両断!戦国スイカ割りバトル!」では各チームの代表者3名がリレー方式でスイカ型のボールを割り、全員の合計タイムを競う。森田がリーダーの東軍は、石野、中原、伊阪が選出され、1分25秒と好タイムを出す。続く関がリーダーの西軍は、汐崎、眞嶋、保志の3人が挑戦することに。気合い十分な汐崎は勢いよくスタートを切ったがズレた方向へ進み、眞嶋は慎重すぎるあまりスイカにたどり着くまで時間がかかってしまう。アンカーの保志は仲間の声を信じた結果、舞台袖まで進んでステージから姿を消してしまった。

イベントでは、舞台キャストが即興劇に挑むコーナーも。「もしも武将があの職業だったら?」をお題に、「警察官の前田慶次」「コンビニ店員の伊達政宗」「ラーメン屋店員の長曾我部元親」をなんとか演じきる。また舞台「斬劇『戦国BASARA』」の詳細も明らかになり、キャストやストーリーは通常公演と同じだが、笑いに特化した“笑劇”公演が行われることも告知された。

終盤には、9月25日発売の月刊ビッグガンガンVol.10(スクウェア・エニックス)にて新連載「戦国BASARA -猿飛佐助 影忍伝-」がスタートすることも明らかに。キャスト陣はますます盛り上がりを見せる「戦国BASARA」の応援を呼びかけ、イベントを締めくくった。

コミックナタリーをフォロー