コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「ぬら孫」はBS11ほかで放送。妖怪募集で色紙プレも

椎橋寛原作のTVアニメ「ぬらりひょんの孫」が7月よりBS11ほかにて放送されることが、本日3月15日発売の週刊少年ジャンプ15号(集英社)にて発表された。監督は「仙界伝封神演義」や「今日からマ王!」シリーズなどで知られる西村純二が務める。

また今号では「ぬらりひょんの孫」連載2周年とアニメ化を記念して、「第1回新妖怪大募集&都道府県別百鬼大戦」を開催。読者の考えるオリジナルの妖怪を募集し、その数を都道府県別に集計して結果を発表する。応募者の中から抽選で1人に当選者の好きなキャラが描かれた椎橋の直筆サイン入り色紙が、200人に奴良組特製「畏」の代紋ステッカーがプレゼントされる。

なお3月20日発売の次号週刊少年ジャンプ16号より、大場つぐみ原作、小畑健作画「バクマン。」のアニメ情報ページ「アニマン。」がスタート。また新人・青戸成の読み切り「デビル★クラッチ」が掲載される。

コミックナタリーをフォロー