コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「ぬら孫」は7月開始。声優陣はドラマCDと同様

椎橋寛原作のTVアニメ「ぬらりひょんの孫」が7月より放送されることが決定した。アニメーション制作は「地獄少女」を手がけたスタジオディーンが担当する。

キャストはドラマCDと同じで、奴良リクオ役を福山潤が、家長カナ役を平野綾が、雪女役を堀江由衣が、鴆役を杉田智和が、首無役を櫻井孝宏が、ぬらりひょん役を大塚周夫が務める。

「ぬらりひょんの孫」は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載中。妖怪軍団の総大将ぬらりひょんの血を受け継ぐ少年を主人公に、妖怪同士の仁義や勢力争いを描いた妖怪任侠活劇だ。

また「ぬらりひょんの孫」は、カードゲームがKONAMIより発売されることが決定。詳細は今後の週刊少年ジャンプにて発表される。

コミックナタリーをフォロー