コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ジャンプ50周年号は記念企画盛りだくさん、表紙には連載作家が描く好きなキャラ

42805

7月14日発売の週刊少年ジャンプ33号(集英社)では、同誌の創刊50周年記念企画が多数展開される。

同号の表紙には連載作家が、自作のキャラクターと歴代ジャンプ作品で好きなキャラクターを並べて描いたイラストを使用。尾田栄一郎は「DRAGON BALL」の悟空、堀越耕平は「NARUTO-ナルト-」のうずまきナルトを描いている。

このほか久保帯人の読み切り「BURN THE WITCH」や、2017年9月以来となる秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作を掲載。また鳥山明井上雄彦の対談も収録されるほか、創刊当初から現在連載中の作家まで、 総勢110作家が描き下ろした101枚の直筆サイン色紙も公開する。さらに連載陣がオリジナルで作った「ジャンプ海賊マーク」を作中から見つけると歴代作家の直筆サイン色紙やクリアファイルが当たるプレゼント企画「漫画に隠された海賊マークを探せ!!」も実施。巻末には歴代連載作家97名が寄せる「歴代漫画家特別コメント集」が掲載され、表紙の歴史を振り返る小冊子「歴代ジャンプ表紙ギャラリー」も付属する。

コミックナタリーをフォロー