コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「はねバド!」先行上映で大和田仁美「予測不可能なキャラを見届けて」とお願い

117

濱田浩輔原作によるテレビアニメ「はねバド!」の先行上映会が、去る6月24日に東京・TOHOシネマズ日比谷にて開催された。

イベントには羽咲綾乃役の大和田仁美、荒垣なぎさ役の島袋美由利、藤沢エレナ役の小原好美、コニー・クリステンセン役の伊瀬茉莉也が登壇。キャスト陣は会場で上映されたばかりの第3話までを振り返り、試合シーンの躍動感やスマッシュの迫力、コート内の臨場感が伝わってくるような音響面のリアルさについて言及する。バドミントンアニメならではの見どころだけでなく、大和田からは「学生時代の部活帰りを思い出させるような日常シーンがとても素敵に描かれていました」とも語られた。

続いてキャストたちは自身の演じるキャラクターについて、キーワードを発表することに。大和田は「綾乃は予測不可能なキャラ」と、第1話を観返して性格の変化に驚いたことを明かす。また「どんどん不穏な言動をしていきます。綾乃の成長をぜひ最後まで見届けてほしいです」と続けた。島袋は「なぎさは(副主将の)理子との関係性に注目してほしいです。それと、乙女チックなところも作中で描かれているので、そこもぜひ観てほしいです」とコメント。小原は「エレナは綾乃を守ろうとしているキャラ。でも、能天気なところもあります」と発言すると、大和田から「綾乃を見捨てないでくれてありがとう!」という感謝の言葉が。伊瀬は「コニーは謎に包まれたキャラクター。完璧そうに見えて、実は不完全なところが彼女の魅力です」と語ったうえで、「綾乃の過去にも影響している重要なキャラクターです。志波姫唯華など、仲間たちとの関係性にも注目してほしいです」と呼びかけた。

バドミントンシーンに話題が移ると、経験者の小原は「試合中の動きもすごいのですが、シャトルを打つときの音をリアルに表現するため、いくつもの音を組み合わせて作っていると聞きました。音もとてもリアルです」と話す。伊瀬はアフレコ用のリハーサルビデオに収録されていた映像について「アニメーションでトレースする前の実際にプレイしている映像が収録されていて、筋肉の動きが忠実に再現されていると感じました」と述べ、趣向を凝らしたカメラワークに対して「観ていて飽きない映像です」と語った。

イベントでは、オープニングテーマとエンディングテーマを担当するアーティスト2人によるミニライブが行われる一幕も。YURiKAはいきものがかりの水野良樹が楽曲を提供した「ふたりの羽根」を、大原ゆい子は疾走感あふれる「ハイステッパー」を歌い上げる。それぞれアニメ盤とアーティスト盤が用意されたCDジャケットもお披露目された。

ここで本作のBlu-rayおよびDVD第1巻が、9月19日にリリースされることが明らかに。初回生産限定仕様として、濱田描き下ろしイラストを用いた全巻収納BOXが付属する。また大和田と島袋が出演する特別番組「もりバド!」のアニメ放送記念回が6月28日に放送されることも告知された。

最後に大和田は「7月1日よりいよいよ放送が始まります。スタッフとともにがんばって作品を作っていますので、ぜひご覧になってください!」とアニメをアピール。キャスト陣は本作のイベントで恒例となったシャトルアタックを披露し、会場からは大きな歓声が上がった。

「はねバド!」は、女子バドミントンを題材に、県立北小町高校バドミントン部を描く青春群像劇。アニメは7月1日よりTOKYO MX、関西テレビ、BS11、AT-Xにてスタートする。

(c)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会 (c)濱田浩輔/講談社

コミックナタリーをフォロー