Cookieで藤末さくら新連載。いくえみ松ケン映画コミカライズも

本日2月26日に発売されたCookie4月号(集英社)にて、「あのコと一緒」で知られる藤末さくらの新連載「プライベート タイムズ」がスタートした。

Cookie4月号。表紙は藤末さくら「プライベート タイムズ」。

Cookie4月号。表紙は藤末さくら「プライベート タイムズ」。

大きなサイズで見る

「プライベート タイムズ」は元芸能人の女子高生が主人公。付き合い始めの彼氏とうまくいっていた主人公が、偶然出会った女たらしの男子高校生に「プライベート タイムズ」と書かれた名刺を渡されるところから物語が始まる。

藤末は「クッキーまんが家インタビュー」にも登場。正式創刊前の増刊号Cookieに掲載された思い出や新連載について語ると同時に、思い出深いCookieの作品として矢沢あいの「NANA」を挙げている。

また新連載を記念して、「プライベート タイムズ」第1回の扉絵を使用したサイン入り特製カラー色紙を5人に、主人公が着けているものと同じバラモチーフのネックレスを抽選で10人にプレゼントしている。なお3月16日に発売される月刊ヤングジャンプ4月号(集英社)には、藤末の読み切り「脚色アリ」が掲載される。

ほかにも今号ではいくえみ綾が松山ケンイチ出演映画「誰かが私にキスをした」のコミカライズを執筆。いくえみは、先月号で完結したばかりの「潔く柔く」の番外編を6月号よりスタートさせる予定だ。また斉藤倫の新連載「僕の部屋へおいでよ」がスタートし、おかざき真里の人気シリーズ「渋谷区円山町」も掲載。高須賀由枝「グッドモーニング・キス」は大学生編が終了し、次号より社会人編がスタートする。

関連記事

藤末さくらのほかの記事

リンク