コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

杉崎ゆきる「D・N・ANGEL」再開は5月に決定、ASUKAに単行本未収録分が掲載

11966

杉崎ゆきる「D・N・ANGEL」が、5月24日発売の月刊ASUKA7月号(KADOKAWA)より連載再開することが本日発売の同誌6月号にて発表された。

「D・N・ANGEL」は、恋愛感情が高まると伝説の大怪盗ダーク・マウジーに変身してしまう“恋愛遺伝子”を持った中学2年生の男子・丹羽大助を中心に展開するアクションラブコメ。連載再開を記念して今号には、単行本未単収録分の「STAGE4 VOL.13」「STAGE4 VOL.14」が掲載されている。

また「何モナイ君タチヘ」の鳩也直による新連載「かわたれ時の箱者街」が今号では開始。何も入っていないはずの鞄からさまざまなものを取り出すことができる、不思議な力を持った箱者と呼ばれる人々を描く。物語は、見世物として囚われている不遇の箱者と旅の行商人の出会いから始まる。

そのほか今号には、小冊子「青騎士」が付属。これはハルタ(KADOKAWA)編集部と月刊ASUKA編集部が、「まだ見ぬ、出会ったことのない漫画の面白さを積極的に伝えていきたい」「新人作家もベテランも、新作も再録も問わず原稿を集める」という編集方針のもと制作した小冊子で、隔月で6冊目まで発行される。第1弾となる今回の小冊子には、入江亜季森薫ら13名が参加した。

コミックナタリーをフォロー