コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ひそねとまそたん」を青木俊直がコミカライズ、ドラゴンエイジで2本の新連載

205

青木俊直「ひそねとまそたん」、西尾洋一「忍者転生 シノビキル」の新連載2本が、本日3月9日発売の月刊ドラゴンエイジ4月号(KADOKAWA)でスタートした。

「ひそねとまそたん」は4月より放送が開始する樋口真嗣総監督の同名テレビアニメのコミカライズ。青木はアニメのキャラクター原案も手がけている。現代を生きるドラゴンと航空自衛隊に所属する少女たちを軸にした物語で、マンガ第1話ではドラゴンパイロット候補生・貝崎名緒の葛藤を描く。

「忍者転生 シノビキル」は、忍者に憧れる男子・千賀風太が主役のアクションコメディ。忍者のフリをした動画を公開していた彼のもとを、1人の少女が訪れたことから物語は始まる。

(c)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

コミックナタリーをフォロー