コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

幾花にいろが楽園で新連載、かずまこをの「純水アドレッセンス」新作も登場

203

幾花にいろの新連載「イマジナリー」が、本日2月28日発売の楽園 Le Paradis [ル パラディ]第26号にて始動した。

「イマジナリー」の第1話に登場したのは、幼なじみの男女。子供の頃、道の縁石の上を歩きながら「縁石から落ちたら死ぬ」という遊びをしていた2人が、久々に再会したときのエピソードが描かれている。

また今号では、かずまこをがコミック百合姫(一迅社)にて発表していた、教師と生徒のガールズラブ「純水アドレッセンス」が新連載としてスタートした。さらにシギサワカヤ「プレパラート」の前編が登場。「クラスの末端」と自称する女子高生・八田と、友達の彼氏を取ったと噂される女子高生・崎谷の、傷だらけの青春が綴られた。

このほか宇仁田ゆみ「ねむりめ姫」が完結。単行本2巻は3月30日に刊行される。なお宇仁田は6月30日発売の次号第27号より、ガールズラブの新作をスタートさせる。

コミックナタリーをフォロー