コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

阿部共実「月曜日の友達」完結巻発売で、amazarashiが主題歌を書き下ろし

719

阿部共実による「月曜日の友達」の新エピソード。

阿部共実による「月曜日の友達」の新エピソード。

阿部共実「月曜日の友達」の完結2巻が、明日2月23日に発売される。これに合わせamazarashiが本作の主題歌として「月曜日」を書き下ろした。

このコラボは阿部がamazarashiファンであり、「月曜日の友達」完結巻の発売を機に作品性の近いamazarashiとのタイアップを、週刊ビッグコミックスピリッツ編集部が企画したことからスタートしたもの。当初はイメージソングとして既存楽曲の使用許可を依頼していたものの、amazarashiの秋田ひろむが阿部の「ちーちゃんはちょっと足りない」を愛読しており、「月曜日の友達」を読んだところ「すごくいい話なので、過去の曲ではもったいない。新たに楽曲を書きます」と提案した。秋田は「個人的なファンアートのような気持ちで作りました。この作品の胸を締め付ける感動には遠く及ばないかもしれませんが、聞いてもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

なお阿部も秋田からのデモ音源を受け取り、楽曲からインスパイアを受けた「月曜日の友達」の新エピソードを執筆。描き下ろしエピソードは主人公の水谷茜と月野透の2人が放課後に語り合う内容となっており、「月曜日」のミュージックビデオに使用される。阿部はコラボについて「この年になって味わったことのない体験をさせてくださったみなさまに感謝します。是非『月曜日』を聴いてください」と語った。

「月曜日」は3月12日にiTunes Music Storeなどで配信限定楽曲としてリリース。2月26日には阿部が描き下ろした「月曜日」のジャケットやティザー映像が、特設サイトにて公開される。

阿部共実コメント

聞き覚えのある言葉、なじみのある情景が浮かぶ。秋田ひろむさんの声が歌詞が音が、激しく、優しく、響く。聴こえてくるものが形成されるのは月曜日の友達だ。秋田ひろむさんの歌う月曜日の友達だ。
この年になって味わったことのない体験をさせてくださったみなさまに感謝します。是非「月曜日」を聴いてください。

秋田ひろむ(amazarashi)コメント

個人的なファンアートのような気持ちで作りました。この作品の胸を締め付ける感動には遠く及ばないかもしれませんが、聞いてもらえたら嬉しいです

コミックナタリーをフォロー