コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「3D彼女」キャスト6名公開、主役・上西哲平「芹澤優が引っ張ってくれる」

321

那波マオ原作によるテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」のメインキャスト6名が発表された。

人付き合いが苦手なオタク男子の筒井光役は上西哲平、派手なリア充美少女・五十嵐色葉役は芹澤優に決定した。また筒井のたった1人のオタク仲間・伊東悠人役を蒼井翔太、筒井や色葉の同級生でイケメンの高梨ミツヤ役を寺島拓篤、そのミツヤに思いを寄せる女子・石野ありさ役を津田美波が担当。筒井の後輩で、2次元オタク女子の綾戸純恵役を上田麗奈が演じる。

また囲み取材が去る2月20日に都内で行われ、筒井光役の上西、五十嵐色葉役の芹澤が出席した。出演が決定したときの感想について上西は「初めてのレギュラーで、かつ初めての主役。原作を読んだときから筒井くんに共感できるところがあったので、ものすごくうれしかった」と喜びを口にする。芹澤も「私にしか出せない色葉が絶対あると思って、オーディションのときからやりたい気持ちが強かったです」と思いを語った。

演じる役に共感できるところを聞かれると、芹澤が「(上西は)コミュ力が低いんですよ!」と暴露。上西も自覚があるようで「自分で言うのもあれですけど挙動不審なところがあって、そういうところが、あわあわしている筒井くんにシンパシーを覚える」と語る。続けて芹澤が「(上西と)あんまり目が合わないんです(笑)」といじると会場に笑いが起こり、上西はたじたじの様子だった。作品の印象について芹澤は「つっつん(筒井の愛称)がどんどん魅力的になっていく。最初はただのオタクに見えるけど、この作品を輝かせている存在だと思います」と、本作が筒井の成長物語でもある点に触れた。

取材前日に行った第1話のアフレコについての話で、芹澤は「私もキャリアはまだまだ浅いんですけど、上西くんは後輩。作品を通して色葉ちゃんは余裕がある役なので、アフレコのときに(先輩として)私のほうが落ち着いていなきゃという心意気が持てるのはすごくいいなって思います」とコメント。上西も首肯し、「作品も色葉ちゃんが引っ張ってくれる話。それが現実の芹澤さんとの関係にも合っていて、引っ張っていってくださるのでありがたいです」とナイスコンビぶりをうかがわせた。続いて第1話の見どころに話がおよぶと芹澤は「色葉が(筒井に)急にチューするんですが、そのチューされてる最中の『えっえっ』って戸惑いにすごいリアリティがあって、笑い出しそうになった。めっちゃクオリティが高い!」と独自の目線で上西の演技に太鼓判を押した。

同作は実写映画も秋に公開される。実写版のキャストにもし会えたらという質問に、芹澤は「中条(あやみ)さんの頭身を測りたい!」と実写映画で色葉役を演じる中条あやみに言及。対して上西は「テレビなどで実写映画のプロモーションをやっているのを観て、それを少し(オーディションの)参考にしたりした。そういう話もできたら伝えたい」と真面目なエピソードを披露した。

最後に視聴者へのメッセージを求められた上西は「誰かの心に長く残り続ける作品にしていきたいと思うので、これからよろしくお願いいたします」と決意を口にする。芹澤は「この作品を観て、なんかちょっとつまんないなって毎日が、キラキラしたらいいなって思います。つっつんのがんばる姿に勇気をもらうオタクのみんなもいると思うので、みんなに勇気を与えられる作品になったら」と締めくくった。

「3D彼女 リアルガール」はリア充な美少女・五十嵐色葉とオタク男子のつっつんこと筒井光の関係を描く不器用なラブストーリー。4月より日本テレビ「AnichU」枠ほかにて放送を開始する。原作はデザート(講談社)で連載され、単行本と新装版全12巻が刊行された。また秋には中条あやみと佐野勇斗(M!LK)による実写映画も公開を控えている。

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

コミックナタリーをフォロー