コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「踏切時間」TVアニメ化、カンカン音をBGMに繰り広げられる日常系オムニバス

139

里好「踏切時間」のテレビアニメ化が発表された。2018年4月より放送される。

「踏切時間」は踏切で足止めされている間に繰り広げられる、女子学生を中心とした人々のやりとりを切り取った日常系オムニバス。月刊アクション(双葉社)で連載されており、単行本は2巻まで発売中だ。

アニメでは原作第1話「二人の青春」に登場するアイ役を千本木彩花が、アイの後輩・トモ役を小倉唯が演じる。併せて2人のキャラクター設定画も公開された。監督は鈴木吉男が担当。アニメーション制作はEKACHI EPILKAが手がける。

本日1月25日発売の月刊アクション3月号では、巻頭カラーページにてアニメの最新情報を紹介。里好のコメントも掲載されている。

テレビアニメ「踏切時間」

2018年4月スタート

スタッフ

監督:鈴木吉男
シリーズ構成・脚本:千葉美鈴
キャラクターデザイン:篁馨
アニメーション制作:EKACHI EPILKA
美術監督:川嶋みゆき
色彩設計:永野綾香
撮影監督:大島慧治

キャスト

アイ:千本木彩花
トモ:小倉唯

コミックナタリーをフォロー