宮崎駿監督の最新作「毛虫のボロ」ジブリ美術館にて3月21日より上映

3498

宮崎駿が監督を手がけた短編アニメーション映画「毛虫のボロ」が、3月21日より東京・三鷹の森ジブリ美術館内の映像展示室「土星座」にて上映される。

「毛虫のボロ」メインビジュアル

「毛虫のボロ」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「毛虫のボロ」は宮崎監督が、2013年発表の映画「風立ちぬ」以降初めて監督を手がけた映像作品。卵からかえったばかりの毛虫・ボロが、初めて見るさまざまなものに目を輝かせながら、仲間や外敵が行き来する世界へと踏み出す様子を描く。上映時間は14分20秒。ジブリ美術館だけで上映されるオリジナル短編アニメーション映画としては10本目の作品となる。ジブリ美術館2階のギャラリーでは、同日より関連展示も行われる。

ジブリ美術館の入場は日時指定の予約制となっており、3月入場分のチケットは2月10日よりローソンで販売される。チケットの購入方法など、詳細は公式サイトで確認を。

この記事の画像(全2件)

関連記事

宮崎駿のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 Studio Ghibli

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 宮崎駿 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。