「磯部磯兵衛物語」最終巻に高校生&サラリーマンになった磯兵衛描く番外編

139

仲間りょう「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」の最終16巻が、本日1月4日に発売された。

「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」最終16巻

「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」最終16巻

大きなサイズで見る

週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載された「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」は、江戸を舞台に立派な武士を目指す不真面目で自堕落な主人公の磯兵衛を、浮世絵のような画風で描くギャグマンガ。読み切り掲載時から話題を集め、2013年から2017年まで連載された。同作はFLASHアニメや30秒ほどのショートアニメ「豆アニメ」、舞台版も制作されている。

少年ジャンプ+では最終巻の発売を記念し、平成の世へとタイムスリップしサラリーマンとして働く磯兵衛を描く番外編「拙者はサラリーマン」を本日より配信。なお16巻には「拙者はサラリーマン」および、少年ジャンプGIGA 2018WINTER vol.1(集英社)に掲載された、タイムスリップによって高校生になった磯兵衛を描く番外編「拙者は高校生」も収録されている。

仲間りょうのほかの記事

リンク

関連商品