コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ブラック・ジャック」の「ふたりの黒い医者」リメイク版&原典が別冊YCに

542

手塚治虫原作、藤澤勇希脚本によるsanorin「Dr.キリコ~白い死神~」の特別編が、本日1月4日発売の別冊ヤングチャンピオン2月号(秋田書店)に掲載されている。

「Dr.キリコ ~白い死神~」は手塚の「ブラック・ジャック」に登場するキリコを主人公としたスピンオフ作品。今号に掲載された特別編は手塚の生誕90周年記念企画で、「ブラック・ジャック」のエピソード「ふたりの黒い医者」をキリコ視点から描いたリメイク版となっている。また原典である手塚版「ふたりの黒い医者」も特別掲載された。

「ふたりの黒い医者」は、「ブラック・ジャック」単行本におけるキリコの初登場回。事故で身体を動かすことができなくなった女性がキリコに安楽死を頼み、女性の子どもたちはブラック・ジャックに母の治療を依頼したことから、2人が相見えるというストーリーだ。

なお同じく「ブラック・ジャック」のスピンオフ作品で、田畑由秋脚本による大熊ゆうご「ヤング ブラック・ジャック」が、2月13日発売のヤングチャンピオン5号(秋田書店)で連載再開することも併せて告知された。

コミックナタリーをフォロー