コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

松本大洋が「漫画家本」で松本人志&大友克洋と対談、尾田栄一郎らの寄稿も

1079

マンガ家をあらゆる角度から掘り下げるシリーズ「漫画家本」の第4弾となる、「松本大洋本」が本日12月27日に刊行された。

同書の巻頭では松本のロングインタビューを掲載。7時間にわたるインタビューで、デビューからの30年を振り返っている。また松本が「若い頃からダウンタウンの漫才に救われていた」と語る松本人志と、「この人がいなければ漫画家になっていなかった」という大友克洋との対談も収められている。

ゲストコーナー「大洋を寿ぐ」では尾田栄一郎古舘春一中川いさみねむようこ石塚真一浅野いにお五十嵐大介がマンガやイラストとコメントを、小泉今日子小沢健二又吉直樹ピース)、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、狩撫麻礼、映画「鉄コン筋クリート」の監督であるマイケル・アリアス、「竹光侍」の原作担当・永福一成がコメントを寄稿している。

そのほか1990年にモーニング(講談社)に連載されながらも単行本化がされていない「点&面 CAR&EARTH」の第1回や、2006年に刊行されたアンソロジー「JAPON」に寄稿された「勘吉」、2016年発売のムック「マンガのDNA」で発表された、手塚治虫「ブラック・ジャック」のオマージュ作品「5時間目のブラック・ジャック」、真造圭伍によるトリビュート「松本大洋になりたかったよ」といったマンガも収録。

そのほか中条省平、いしかわじゅん夏目房之介による評論や、全作品リスト、キャラクター図鑑、松本が残したメモやネームをまとめた「大洋のメモ帳」なども収められた、充実の1冊だ。なお同シリーズの第5弾は「あだち充本」が予定されている。

コミックナタリーをフォロー