コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ハクメイとミコチ」先行上映会で「ハクメイは理想の旦那さん」と盛り上がる

56

樫木祐人原作によるテレビアニメ「ハクメイとミコチ」の先行上映イベントが、去る12月24日に東京・TOHOシネマズ日本橋で開催され、キャストの松田利冴下地紫野悠木碧安済知佳が登壇した。

4人は第1話の上映後に登場。ハクメイ役の松田は、今の気持ちを聞かれ「自分のお芝居をこんなにたくさんの方に観ていただくのは初めてなんです。しかも観終わった直後の皆さまにお会いするなんて、ドキドキですね」とコメントした。ミコチ役の下地も、先行上映イベントにキャストとして登場するのは初めてということで、「不安と期待と緊張と……という感じだったんですが、温かい拍手で迎えてくださったので、本当にありがたいです」と述べる。第1話に出番のなかったコンジュ役の悠木とセン役の安済は、イベント前に楽屋で第1話を観て、ハクメイたちを背中に乗せて運んでくれた虫や、号外紙を運ぶ号外バッタらの特徴的なしゃべり方にハマってしまったとトーク。楽屋ではそのしゃべり方をマネして、4人で盛り上がったことを明かした。

その後、話題はそれぞれが演じるキャラクターのことへ。松田がハクメイを「お酒もガンガン飲むし、仕事もバリバリこなす。天真爛漫な大人の女性」と紹介すると、悠木が「ハクメイ、男前だよね。体は小さいけど、器がめちゃめちゃ広い。理想の旦那さんじゃない?みんな、こういう人になったらいいと思う(笑)」と反応。それにほかの3人も同調し、会場はハクメイが“理想の夫”、対するミコチが“理想の嫁”だという話で持ち切りとなった。

アフレコは第1話のBパートから始まったという。Bパートにはミコチの行きつけの店・小骨が登場し、そこのマスター役を緒方恵美が務めている。松田はスタジオで緒方と顔を合わせた際、「お、出たな。主役」と声をかけてもらったそうで、「それで『今日は松田が主役なんだ』と自覚したのを覚えています」と述べた。下地は「背景の書き込みがどのシーンもすごいですよね。第1話では特に、カフゥ(ミコチが昔飼っていた鳥)の毛並みの再現度が本当にすごくて……」と同作の映像美に言及。「それを見て、私もがんばらなくちゃいけないなと、気が引き締まりました」と話した。

安済は身長9cmというハクメイとミコチの視点から見る世界に想像を膨らませ、「魚がでっかい!」「(超巨大に描かれるトンビを見て)これは死んだわ……」と楽しんだようで、「ミニチュアな世界を覗いている感覚がすごくいい」とコメント。下地と一緒にエンディングテーマを歌う悠木は「キャラソンを歌ったことで、コンジュという役が自分の中で固まったんです。より自信を持ってアフレコに臨めるようになりました」と話し、「この曲、歌詞がすごくいいんです。ぜひフルサイズでも聴いてみてください」とメッセージを送った。

その後イベントでは、「ハクメイを満足させよう!ミコチのドキドキクッキングクイズ」と題した企画を実施。虫食いになったレシピを4人で協力して埋めていくという内容で、会場を大いに盛り上げた。また1月11日からインターネットラジオステーションの音泉にて、松田と下地がパーソナリティを務めるラジオ番組「ハクメイとミコチ ラジオの日」がスタートすることも発表となった。

「ハクメイとミコチ」は、森の奥で暮らす身長9cmの女の子たちを描く物語。原作はハルタ(KADOKAWA)にて連載中で、単行本は5巻まで発売されている。アニメは2018年1月12日より放送開始。Amazonプライム・ビデオでの配信も決定している。

コミックナタリーをフォロー