コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「邪神ちゃんドロップキック」アニメ化!厨二病のJDと悪魔のコメディ

166

ユキヲ「邪神ちゃんドロップキック」のテレビアニメ化が決定した。2018年の夏より放送される。

「邪神ちゃんドロップキック」は、神保町のボロアパートに暮らす厨二病の女子大生・花園ゆりねと、彼女が偶然召喚に成功してしまった、下半身が異形の尻尾の悪魔・邪神ちゃんが織りなすコメディ。COMICメテオにて連載されており、単行本最新9巻が12月12日に発売される。キャストやスタッフなどの詳細は続報を待とう。

ユキヲはアニメ化について「執筆中、作者の脳内では邪神ちゃん達が動いて喋っているのですが、脳内なのでそれを読者の方々に見てもらうことは出来ません。でもアニメならば皆さんにも邪神ちゃんが動いて喋る姿を見て頂くことが出来るのですごく嬉しいです」とコメント。登場キャラクターが勢ぞろいしたユキヲによるイラストや、アニメのティザービジュアルも公開された。

なお12月25日から31日までの1週間、国際展示場正門駅の構内にアニメスタッフ描き下ろしによる本作のポスターを計28枚掲出。ポスターにはプロレス技をかけるキャラクターの姿がデザインされる。さらに本作はniconico内の自作ゲーム投稿コミュニティサイト「RPGアツマール」との連動企画も行う。

ユキヲコメント

今回アニメ化して頂けるということでとても光栄に思います。執筆中、作者の脳内では邪神ちゃん達が動いて喋っているのですが、脳内なのでそれを読者の方々に見てもらうことは出来ません。でもアニメならば皆さんにも邪神ちゃんが動いて喋る姿を見て頂くことが出来るのですごく嬉しいです。

(c)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック製作委員会

コミックナタリーをフォロー