コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ananでアニメ、2.5次元特集!インタビューや読者が選ぶ“抱かれたい”キャラも

666

本日11月29日発売のanan No.2080(マガジンハウス)では、同誌初のアニメ特集が展開されている。

表紙には12月1日に公開される実写映画「鋼の錬金術師」より、山田涼介Hey! Say! JUMP)扮するエドが登場。エドの衣装でのグラビアが掲載されているほか、曽利文彦監督、荒川弘、アニメ版でエドを演じた朴ろ美から、エド役の山田へメッセージが寄せられている。また素に戻った山田のグラビアとインタビューに加え、山田と朴がエドについて語り合う対談や、マスタング役のディーン・フジオカのインタビューも掲載された。

そのほか同誌には辻村深月、足立梨花高杉真宙山本彩が、それぞれ「人生を変えたアニメ」を語る特集も。20~40代のアニメ好きの読者によるアンケートにて決定した「anan アニメ&キャラランキング2017」では、「恋愛アニメ」「スポ根アニメ」「抱かれたい男」「友達になりたい女」といったカテゴリに分かれた、好きなアニメやキャラクターのランキングが発表された。

また「不朽の名作から学ぶ!『機動戦士ガンダム』にみる愛の形」と題された企画では、アムロを始めとした登場人物の恋愛模様について、キャラクターデザインとアニメーションディレクターを務めた安彦良和が当時の制作中のエピソードとともに解説。A3サイズのポスターも綴じ込まれ、「視線」というタイトルにて、本編では描かれることのなかったシャア・アズナブルとララァ・スンの2人が安彦により描き下ろされた。

加えて「宝石の国」の魅力に迫るコーナーも設けられ、「文豪ストレイドッグス」の特集には中島敦役の上村祐翔、芥川龍之介役の小野賢章も登場。ミュージカル「テニスの王子様」のページでは、数々の2.5次元作品で活躍している黒羽麻璃央崎山つばさ宮崎秋人荒巻慶彦木村達成のインタビューが収められた。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー