コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

部首擬人化ファンタジー、新卒男子×神様の子育てドラマなどジーンで新連載3本

184

「:radical」の扉ページ。

「:radical」の扉ページ。

本日11月15日に発売された月刊コミックジーン12月号(KADOKAWA)では、間汐原案・SUNPLANT原作協力による蓮乗寺メイ「:radical」、霜月りつ原作による季野このき「神様の子守はじめました。」、下瀬川ひなる「偉人ですか? 英雄ですか? 死んでもらっていいですか?」という3本の新連載がスタートした。

「:radical」はしんにょう、きへんといった漢字の部首を擬人化した“部首キャラクター”たちの日常ファンタジー。今号では一挙2話が掲載され、それぞれしんにょうときへん、きへんとてへんによる物語が展開された。「神様の子守はじめました。」は霜月による同名小説のコミカライズ。就活中だった22歳男子・羽鳥梓が神の国で暮らすアマテラスにスカウトされ、青龍、白虎、朱雀、玄武という四神の子育てを引き受けたことから物語が動き出す。「偉人ですか? 英雄ですか? 死んでもらっていいですか?」は、人材不足に悩むあの世を舞台に描かれるコメディ作品。下級悪魔クーロと天使サイロのコンビが、有能人材スカウトのため下界を奔走する。第1話では2人が織田信長をスカウトしようとして……。

表紙と巻頭には、劇場アニメ化が発表された田中ストライク「SERVAMP-サーヴァンプ-」が登場。同作の描き下ろしビッグポスターが今号の付録となっている。

コミックナタリーをフォロー