コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

あばよ、友達(どくしゃ)!立原あゆみ「JINGI」シリーズが29年の歴史に幕

175

立原あゆみ「仁義 零 -JINGI ZERO-」が、本日10月24日発売のヤングチャンピオン22号(秋田書店)にて完結した。

同作は、墨田川会系砂組の平組員だった神林仁と、元テロリストの八崎義郎が意気投合し、兄弟分となってヤクザ社会の頂点を目指す「JINGI」シリーズの最終章。「仁義 零」の最終回をもって、1988年のヤングチャンピオン創刊号より掲載された「JINGI(仁義)」から約29年続いたシリーズは完結を迎えた。「仁義 零」の最終14巻は11月20日に発売。またヤングチャンピオン22号の電子版限定で、「JINGI(仁義)」1巻の試し読みが付属する。

今号には立原が「何も語らなくてもあなたはわかってくれる。そう信じています。ありがとう あばよ、友達(どくしゃ)」とコメントを寄せたほか、松平健竹内力的場浩司といった立原作品の実写版に出演した俳優や、立原ファンとして知られるミュージシャン・清竜人からのメッセージも掲載されている。

このほか森高夕次原作による荒木光「あしたのジロー」、吉田聡「セブングレイズ」も今号で最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー