コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「屍牙姫」1巻、血を欲する美女と望まず使い魔となった少年のダークサスペンス

134

佐藤洋寿が月刊コミックゼノン(徳間書店)で連載している「屍牙姫」1巻が、本日9月20日に発売された。

「屍牙姫」は人間の血を必要とする不死身の美女・美輪子と、その使い魔となった少年・修を描くダークサスペンス。ひょんなことから美輪子の住む洋館を訪れた修は瀕死の重傷を負うが、美輪子の力によって復活する。外見は化け物のようになり、日光を浴びると体に痛みが走り、自分が人間でない何かに生まれ変わってしまったことにショックを受ける修に「新鮮な心臓をひとつ…私のために狩ってきてちょうだい」とお願いをする美輪子。彼女に対する憎しみと、失った日常への思いが主人公を動かしていく。

コミックナタリーをフォロー