コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「文スト」が大分の国木田独歩館とコラボ、描き下ろしイラストなど展示

454

「文豪ストレイドッグス」と大分の城下町佐伯国木田独歩館が、7月11日よりコラボレーション企画を実施する。

期間中は会場に春河35の描き下ろしイラストがお目見え。イラストでは実在の独歩が佐伯に滞在していた際のエピソードを元に、太宰と独歩の2ショットを描いている。企画展を観覧し、クイズに参加した先着2000名には、描き下ろしイラストをデザインしたブックカバーをプレゼント。オリジナルグッズも販売される。会場ではほかにも、マンガやアニメのシーンパネル、独歩&太宰のスタンディを展示。大分県に縁のあるキャラクターを紹介するコーナーも設けられる。

「文豪ストレイドッグス」は、実在する文豪をモチーフとした探偵たちが活躍する異能力バトルアクション。朝霧カフカ原作による春河35のマンガがヤングエース(KADOKAWA)にて連載中で、2016年にテレビアニメが放送された。現在も劇場版アニメの制作と舞台化、さらにスマホゲーム化といったプロジェクトが進められている。

文豪ストレイドッグス×城下町佐伯国木田独歩館 コラボレーション企画

期間:2017年7月11日(火)~9月3日(日) ※月曜休館
時間:9:00~17:00 ※入館は16:30まで
会場:城下町佐伯国木田独歩館
入館料:一般200円、小・中・高校生100円、未就学児無料 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳の提示者とその付添人1名は無料

(c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会 (c)2017 朝霧カフカ・春河35

コミックナタリーをフォロー