コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

エイジで映研コメディ「シネマこんぷれっくす」開始&オカヤド描き下ろし付録

110

ビリーによる新連載「シネマこんぷれっくす」が、本日4月8日発売の月刊ドラゴンエイジ5月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「シネマこんぷれっくす」は、高校の映画研究部を舞台にしたドタバタコメディ。映画のような学園生活を送りたいと考える1年生男子・熱川鰐人は、どの部活に入るか悩んでいた。そんな中で部員不足の映研が、彼を勧誘しようとしたことから物語は始まる。第1話では美人の先輩3人があの手この手で彼に部のよさを説くが、彼女たちが必死になるほど熱川は映研に対してうさんくささを感じていく。

また月刊ドラゴンエイジ5月号には、オカヤド描き下ろしによる「12BEAST」の下敷きが付属。巻末には「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」原作者・佐藤大介の訃報と、作画を担当する佐藤ショウジのコメントが掲載された。

コミックナタリーをフォロー