コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

中村悠一の“最強バディ”は誰?「アトム ザ・ビギニング」キャストが対決

1208

左から佐倉綾音、井上雄貴、中村悠一、櫻井孝宏、小松未可子。

左から佐倉綾音、井上雄貴、中村悠一、櫻井孝宏、小松未可子。

テレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」のステージイベントが、本日3月26日に東京ビッグサイトにて行われている「AnimeJapan 2017」にて実施された。

ステージには天馬午太郎役の中村悠一、A106(エーテンシックス)役の井上雄貴、堤茂理也役の櫻井孝宏、堤茂斗子役の小松未可子、お茶の水蘭役の佐倉綾音が登壇。佐倉司会のもと、スクリーンに映し出された人物相関図を見ながら、それぞれが演じるキャラクターを紹介する。また本日ステージに登壇できなかった、お茶の水博志役の寺島拓篤からのビデオメッセージも公開。寺島はお茶の水について「鼻がチャーミングで、(原案の『鉄腕アトム』に登場する)お茶の水博士に直結するような人物です」と説明した。

次に「最強バディ決定戦」と銘打ち、登壇者の中で中村のバディに1番ふさわしい人物を決めるコーナーへ。「次のうちでほしい家族は?」などの質問の中から、中村が選びそうなものを予想する「ナカムラ ザ・以心伝心」を実施。その後「中村が最近始めたこと、2017年に始めようと思っていること」を想像する「ナカムラ ザ・ビギニング」が行われた。結果、小松を除く3人の正解数が並び「最強バディ」の座を獲得した。

最後にメインキャストとしてアフレコに参加するのは本作が初めてという井上が、「緊張してはいるけどA106が少しずつ成長し、自我が芽生えていくというテーマをしっかり表現していきたい」と作品や自身が演じるキャラクターへの思いをコメント。また中村は、絵がほぼ完成している状態でアフレコを行っていることを明かし、「贅沢な状況でアフレコさせていただいており、スタッフの入念な準備やモチベーションの高さがうかがえます。それに僕達も少しでも追いつけるように、全力でアフレコに臨んでいます。そういうテンションが多少なりとも伝えられるんじゃないかな」と語り、イベントを締めた。

月刊ヒーローズ(ヒーローズ)にて連載中の「アトム ザ・ビギニング」は手塚治虫「鉄腕アトム」を原案とし、原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本を舞台に、アトムが誕生するまでを描いた物語。アニメは4月15日よりNHK総合にて毎週土曜23時から放送される

テレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」

放送時間:2017年4月15日(土)より、毎週土曜23:00~
放送局:NHK総合テレビ

スタッフ

原案:手塚治虫
プロジェクト企画協力・監修:手塚眞
コンセプトワークス:ゆうきまさみ
漫画:カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載)
協力:手塚プロダクション
総監督:本広克行
監督:佐藤竜雄
シリーズ構成:藤咲淳一
キャラクターデザイン:吉松孝博
アニメーション制作:OLM×Production I.G×SIGNAL.MD

キャスト

天馬午太郎:中村悠一
お茶の水博志:寺島拓篤
A106:井上雄貴
堤茂理也:櫻井孝宏
堤茂斗子:小松未可子
お茶の水蘭:佐倉綾音
伴俊作:河西健吾
伴健作:飛田展男
ほか

(c)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会

コミックナタリーをフォロー