コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「キャプテン翼」舞台化!神技シーンも最新デジタル技術やダンスで再現

4694

「「超体感ステージ『キャプテン翼』」ロゴ

「「超体感ステージ『キャプテン翼』」ロゴ

高橋陽一「キャプテン翼」の舞台化が決定した。「超体感ステージ『キャプテン翼』」のタイトルで、8月18日から9月3日まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。

1981年に週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載スタートし、これまで多くのサッカー少年たちに影響を与えてきた「キャプテン翼」。本公演では、演劇では初の導入となる最新デジタル技術をはじめ、ダンス、マーシャルアーツ、イリュージョン、身体能力をかけ合わせ、マンガでおなじみの神技シーンがダイナミックに再現される。「超体感ステージ」の名の通り、五感で楽しめる舞台として制作されるとのこと。

総合演出を担当するのは、演出家・振付家・ダンスパフォーマーとして世界で活躍するEBIKENこと蛯名健一。脚本・演出アドバイザーには世界的ダンスパフォーマンスグループ・enraのメンバーである加世田剛、振付には松永一哉が名を連ねた。そのほかキャストなどの詳細は、後日発表されていく。

超体感ステージ「キャプテン翼」

日程:2017年8月18日(金)~9月3日(日)全23回公演予定
総合演出:EBIKEN(蛯名健一)
脚本:加世田剛
振付:松永一哉

(c)高橋陽一/集英社 (c)超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

コミックナタリーをフォロー