映画「鋼の錬金術師」公開は12月1日に決定、フルCGのアルの場面写真も

6006

荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」の公開日が12月1日に決定した。また新たな場面写真が解禁された。

映画「鋼の錬金術師」場面写真

映画「鋼の錬金術師」場面写真

大きなサイズで見る(全20件)

(左上から時計回りに)エドワード・エルリックのイラスト、本田翼、松雪泰子、ディーン・フジオカ。

(左上から時計回りに)エドワード・エルリックのイラスト、本田翼、松雪泰子、ディーン・フジオカ。[拡大]

このたび解禁された場面写真には、主人公エドワード・エルリックの弟である、アルフォンス・エルリックが登場。邦画史上初となる技術で作り上げられた、フルCGのアルの姿に注目しておこう。またエド役の山田涼介は「俺がエドなんだという強い気持ちを持って撮影に臨み、CGのアルフォンスを見て、これは大丈夫、実写化できるぞ」と手応えを感じた様子で、曽利文彦監督は「スタッフ、キャスト一同この作品を本当に実写化できると信じて疑わない人々が集まった現場で大いに士気が上がりました。皆さんの期待を裏切らないよう、原作の本質を大切にこの作品を仕上げていきたいと思います」と意気込みのコメントを寄せた。

「鋼の錬金術師」は2001年から2010年にかけて、月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載された作品。幼き日に最愛の母親を亡くした国家錬金術師のエドワードと、その弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描く。

この記事の画像(全20件)

映画「鋼の錬金術師」

2017年12月1日(金)全国ロードショー

スタッフ

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉

キャスト

エドワード・エルリック:山田涼介
ウィンリィ・ロックベル:本田翼
ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ
マース・ヒューズ中佐:佐藤隆太
リザ・ホークアイ中尉:蓮佛美沙子
マリア・ロス少尉:夏菜
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
ショウ・タッカー:大泉洋
ドクター・マルコー:國村隼
ハクロ将軍:小日向文世
ラスト:松雪泰子
エンヴィー:本郷奏多
グラトニー:内山信二
コーネロ教主:石丸謙二郎

全文を表示

関連記事

荒川弘のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 荒川弘 / 山田涼介 / 曽利文彦 / 本田翼 / ディーン・フジオカ / 小日向文世 / 佐藤隆太 / 蓮佛美沙子 / 夏菜 / 原田夏希 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。