コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「ちるらん」に早乙女友貴、馬場ふみから出演、乱入・乱舞ありの漢祭りも

73

梅村真也原作・橋本エイジ作画「ちるらん 新撰組鎮魂歌」が舞台化される。その追加キャストが発表された。

新たに出演が発表されたのは早乙女友貴馬場ふみか、和泉崇司、土屋シオン紗綾榛葉恵太久保田秀敏滝川英治根本正勝。第1弾情報で名前が挙がっていたDa-iCEの岩岡徹と花村想太、EXILEの松本利夫を加え、この12名が全メインキャストになる。

舞台は4月7日から10日にかけて大阪・森ノ宮ピロティホールにて、4月20日から30日にかけて東京・天王洲銀河劇場にて上演。東京公演の4月23日回は「漢=ちるらん漢祭り」と題した、男性キャストが乱入・乱舞するスペシャル公演になる予定だ。チケットは2月10日12時より、ファンクラブとオフィシャルサイトで先行予約がスタート。一般発売日は3月5日だ。

舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」

大阪

期間:2017年4月7日(金)~4月10日(月)
会場:森ノ宮ピロティホール

東京

期間:2017年4月20日(木)~4月30日(日)
会場:天王洲銀河劇場

出演:岩岡徹(Da-iCE)、花村想太(Da-iCE)、早乙女友貴馬場ふみか、和泉崇司、土屋シオン紗綾榛葉恵太久保田秀敏滝川英治根本正勝松本利夫(EXILE)ほか
原作:「ちるらん 新撰組鎮魂歌」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)
演出:岡村俊一
制作:アールユーピー、プラグマックスエンタテインメント
主催:舞台「ちるらん」製作実行委員会(東京)、サンライズプロモーション大阪(大阪公演)

(c)橋本エイジ・梅村真也/NSP 2010

コミックナタリーをフォロー