コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

糸井のぞ、BE・LOVEで新連載!喋らない少女と、少女を捨てた父親の物語

119

糸井のぞの新連載「真昼のポルボロン」が、本日2月1日発売のBE・LOVE4号(講談社)にてスタートした。

「真昼のポルボロン」の主人公は、母親の胎内での記憶を持つ少女・るつぼ。祖母の家で育っていたが、妊娠中の母を捨てた父親と期間限定で暮らすことに。喋らない少女とその父親、そして父親の同居人の若い男との共同生活が描かれていく。

なお大久保ヒロミ「人は見た目が100パーセント」が、テレビドラマ化を記念して連載再開することも明らかに。3月15日発売の7号より連載がスタートする。

コミックナタリーをフォロー