コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「高木さん」の山本崇一朗が「亜人ちゃん」描く!井上智徳の新連載もサードで

147

ペトス「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」のアンソロジー企画が、本日1月6日発売のヤングマガジン サードVol.2(講談社)にてスタートした。

アニメ「亜人ちゃんは語りたい」が明日1月7日よりオンエアされることを記念し、定価103(デミ)円にて販売されている今号。巻頭カラーには、「からかい上手の高木さん」で知られる山本崇一朗が亜人ちゃんたちを描いたカラーイラストが掲載された。また毛魂一直線、吉谷光平、武月睦によるアンソロジーマンガも登場。今後はアズ、平本アキラヤス吉元ますめらも執筆し、3月に刊行されるアンソロジーコミックに収録される。

このほか混合では「COPPELION」の井上智徳による新連載「CANDY & CIGARETTES」がスタート。定年を迎えた元SPの平賀雷蔵は、難病を患う孫の治療費として月100万円が必要だった。慣れないコンビニなどでアルバイトをしながら金になる仕事を探し、ついに条件に合う仕事を見つける。面接に行くと、そこには女子小学生がいて……。ハードな老後を送ることになった老人と、普通ではない少女のクライムアクションが展開されていく。

また今号で茂木清香「眠れる森のカロン」、鶴ゆみか「もはや私は貴腐人です」は最終回を迎えた。篠丸のどか「花と黒鋼」は休載することが明らかに。連載再開は夏頃を予定している。

コミックナタリーをフォロー