大石浩二がジャンプ登場、かわいいキャラのちょっぴり毒のあるやりとり描く

1611

本日12月26日に発売された週刊少年ジャンプ2017年4・5合併号(集英社)には、「いぬまるだしっ」の大石浩二による新作読み切り「トマトイプーのリコピン」が掲載されている。

「トマトイプーのリコピン」の宣伝マンガ。(c)大石浩二/集英社

「トマトイプーのリコピン」の宣伝マンガ。(c)大石浩二/集英社

大きなサイズで見る(全3件)

「トマトイプーのリコピン」は、かわいいものであふれたキュートピアと呼ばれる世界を舞台にした1編。トマトの苗から生まれたトイプードル・リコピンをはじめとした、ファンシーなキャラクターたちのちょっぴり毒のあるやりとりを、時事ネタなどを織り交ぜながら描いていく。

このほか今号には仲間りょうの読み切り「Canvas」や、伊達恒大による短期2話連載の「はるよ、こい!」第1話も収録されている。

この記事の画像(全3件)

リンク