「向ヒ兎堂日記」の鷹野久、ねこぱんち作品集めた単行本「骨董猫屋」発売

230

「向ヒ兎堂日記」の鷹野久による短編集「骨董猫屋」が、本日12月12日に発売された。

「骨董猫屋」

「骨董猫屋」

大きなサイズで見る

表題作「骨董猫屋」は、少年画報社の猫マンガ専門誌・ねこぱんちシリーズで発表された短編。喋る猫・ぼんてんが骨董品屋に持ち込まれる品々を鑑定し、心に傷を抱えた人々を癒す。かつてアレルギーで猫を手放してしまった少女、飼い猫の気持ちを知りたい子供、欠けてしまったかんざしの花飾りを探す女性など、さまざまな事情を抱えた客が店には訪れる。

短編集には同作の本編3話分とショート3本が収録。そのほか「お江戸猫屋」「猫飛脚~久兵衛はじめてのおつかい~」「NORMAN’S CAFE~無口な~猫のお店~」も収められた。

鷹野久のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 鷹野久 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。