コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ねむようこ「三代目薬屋久兵衛」最終回がFYに、羅川真里茂らの食エッセイも

277

「三代目薬屋久兵衛」カラー扉

「三代目薬屋久兵衛」カラー扉

本日12月8日に発売されたフィール・ヤング2017年1月号(祥伝社)に、ねむようこ「三代目薬屋久兵衛」の最終回が掲載された。

「三代目薬屋久兵衛」は祖父が営む漢方薬局を継ぐべく修行中の三久と、植物好きのシャイな男子・叶が織りなす大人の純情ラブストーリー。最終回では、叶のある言葉に動揺して逃げ出した三久と、対する叶のその後が描かれる。単行本の最終5巻は3月に発売予定。

そのほか今号では紀伊カンナのシリーズ連載第2回「魔法が使えなくても」や、長田亜弓「マリッジストラグル」の前編も掲載。またリレー連載「漫画家ごはん日誌」では羅川真里茂寺田克也スエカネクミコ、しりもとがそれぞれの食卓事情を綴った。

1月7日発売のフィール・ヤング2月号では、いくえみ綾「あなたのことはそれほど」の重大発表が予定されているとのこと。また岩岡ヒサエ都陽子が新たな連載を始動させるほか、鳥飼茜「地獄のガールフレンド」は完結を迎える。

コミックナタリーをフォロー