ドラマ「タラレバ娘」に榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、鈴木亮平が出演

2591

東村アキコ原作の実写ドラマ「東京タラレバ娘」の追加キャストが発表された。

左から榮倉奈々演じる香、吉高由里子演じる鎌田倫子、大島優子演じる小雪。

左から榮倉奈々演じる香、吉高由里子演じる鎌田倫子、大島優子演じる小雪。

大きなサイズで見る(全6件)

吉高由里子演じる主人公・倫子の親友で、ネイリストの香役は榮倉奈々、同じく親友で居酒屋の娘・小雪役は大島優子が演じる。榮倉は「一生懸命かけずり回っている姿がとてもかわいかったり面白かったりするので、共感してもらえるよう一生懸命演じたい」と意気込み、大島も「原作が、私のことを見ているのではと思うぐらいアラサーの心の声を代弁している」と共感のコメントを寄せた。

さらに倫子らアラサー3人組に毒を吐く売れっ子モデル・KEY役には坂口健太郎、かつての倫子の恋人・早坂哲朗役には鈴木亮平がキャスティングされた。原作に合わせて金髪でドラマに挑む坂口は「30代の心をズバッと突く言葉が多い役ですが、冷たそうに見えながらも、愛しく、そしてかっこよく、そう思ってもらえるような役にしたい」、鈴木は「女子会のネタとして大いに盛り上がってもらえるような、そんなドラマにできたらと思っています」とそれぞれ語った。

Kiss(講談社)にて連載中の「東京タラレバ娘」は、「ああだったら……」「こうなれれば……」と仮定の話ばかりする“タラレバ”女子たちの迷走を描くラブコメディ。ドラマは2017年1月より日本テレビ系列の水曜ドラマとして放送される。

この記事の画像(全6件)

榮倉奈々コメント

私が演じる香は、自由な末っ子キャラです。一生懸命駆けずり回っている姿がとてもかわいかったり、面白かったりするので、そういう姿に共感してもらえるように私も一生懸命、演じたいと思います。

大島優子コメント

原作の漫画が、私のことを見ているのではと思うくらいにアラサーの心の声を代弁していて、ズバっと刺さってきます。それを実写で演じるので、辛辣でありながらも、明るく楽しく生きていきたいと希望が湧くようなドラマにしたいと思います。

坂口健太郎コメント

30代の心をズバッと突く言葉が多い役ですが、冷たそうに見えながらも、愛しく、そしてかっこよく、そう思ってもらえるような役にしたいと思います。よろしくお願いします。

鈴木亮平コメント

女子会のネタとして大いに盛り上がってもらえるような、そんなドラマにできたらと思っています。撮影が今から楽しみです。僕も、美味しいつまみの一品になれるよう、精一杯早坂さんとして生きてみたいと思います。

全文を表示

関連記事

東村アキコのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 東村アキコ / 吉高由里子 / 榮倉奈々 / 大島優子 / 坂口健太郎 / 鈴木亮平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。