「ぬらりひょんの孫」の椎橋寛新作は、季語を題材にした幻想譚

1

753

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 298 453
  • 2 シェア

「ぬらりひょんの孫」で知られる椎橋寛の新作「東京季語譚訪」の1巻が、本日12月2日に発売された。

「東京季語譚訪」1巻

「東京季語譚訪」1巻

大きなサイズで見る

「東京季語譚訪」は、季語を形として見ることができる青年・青蛙(せいあ)を軸に描く幻想譚。青蛙はある日、廃墟で謎の男と遭遇したことをきっかけに、さまざまな季語たちと交流することになる。1巻収録分は少年ジャンプGIGA(集英社)にて発表されていた。

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

「ぬらりひょんの孫」の椎橋寛新作は、季語を題材にした幻想譚 https://t.co/2Q8Yj08XWP https://t.co/e7KGagtu5J

コメントを読む(1件)

椎橋寛のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 椎橋寛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。