コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

大澄剛の剣道物語「さんぱちのおと」がモーツーで開幕、大川ぶくぶも登場

258

「さんぱちのおと」の扉ページ (c)大澄剛/講談社

「さんぱちのおと」の扉ページ (c)大澄剛/講談社

「このゆびとまれ」の大澄剛による新連載「さんぱちのおと」が、発売中のモーニング・ツー12号(講談社)にてスタートした。

「さんぱちのおと」は剣道に青春を懸ける少年たちの物語。強い剣士を目指す直司、中学校で全国制覇した時生、剣道に複雑な思いを抱く武士らの戦いが描かれていく。

またモーツーの10周年を記念した読み切りシリーズの第3弾として、ゴツボ☆マサルの読み切り「仇討ち OF THE DEAD」を掲載。父の仇討ちのため、とある村に赴いた青年のシュールな時代劇が展開された。

このほか「ポプテピピック」の大川ぶくぶがモーツーに初登場。ぶくぶ節が炸裂したねこちゃんたちが活躍する「今夜はねこちゃん」を寄稿している。

コミックナタリーをフォロー