コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

任侠×グルメの「侠飯」マンガ版がヤンマガで開幕、次号「でぶせん」完結

150

福澤徹三の小説「侠飯(おとこめし)」のマンガ版が、本日8月22日発売のヤングマガジン38号(講談社)にてスタートした。コミカライズは新鋭・薩美佑が手がけている。

「侠飯」は就活から逃避気味の大学4年生・若水が、ヤクザの抗争に巻き込まれる場面からスタート。ヤクザの組長・柳刃が、若水のアパートに避難を決めたことから、柳刃による侠(おとこ)の料理が披露されていく。生瀬勝久主演によるドラマ「侠飯~おとこめし~」も放送中。

なお8月29日発売の次号39号にて、安童夕馬原作による朝基まさし「でぶせん」が最終回を迎える。

コミックナタリーをフォロー