藤崎竜×小野不由美「屍鬼」文庫化、死に包囲された村が舞台のホラー

673

小野不由美原作による藤崎竜「屍鬼」が全6巻で文庫化。本日7月15日に1、2巻が発売された。

「屍鬼」文庫版1巻

「屍鬼」文庫版1巻

大きなサイズで見る(全2件)

「屍鬼」は周囲から孤絶し土葬の風習が残る、人口わずか1300人の村を舞台にした小野の同名小説が原作のホラー。桐敷と呼ばれる謎の一家が引っ越してきたことを契機に発生した、村人たちの変死や失踪の謎をめぐって物語は展開される。同作はジャンプスクエア(集英社)にて2007年から2011年まで連載され、2010年にはフジテレビ系のノイタミナ枠でテレビアニメ化も果たした。

この記事の画像(全2件)

藤崎竜のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤崎竜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。