コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

松本大洋がルーヴル美術館を舞台に猫を描く、初登場のオリジナルで新連載

2447

松本大洋「ルーヴルの猫」扉ページ

松本大洋「ルーヴルの猫」扉ページ

松本大洋の新連載「ルーヴルの猫」が、本日6月20日発売のビッグコミックオリジナル13号(小学館)にて開幕した。

「ルーヴルの猫」は、パリ・ルーヴル美術館を舞台にした物語。ガイド役のセシルは、ある日観覧者に「モナ・リザの肖像」を解説していたところ、館内に白い子猫が紛れ込んでいるところを目撃する。セシルはこちらを見据えて話を聞く、不思議な白猫の存在が気になっていた。同誌初登場となる松本が描く、新たな物語を一読してみては。

コミックナタリーをフォロー