「教科書にないッ!」舞台挨拶で馬場良馬「女性とキスさせていただけて…」

200

岡田和人原作による実写映画「教科書にないッ!」の初日舞台挨拶が去る6月18日、東京・渋谷HUMAXシネマにて行われ、白樺綾役の森川彩香、大楽有彦役の馬場良馬、五月弥生役の片山萌美、小菅サキ役の百合沙、佐々木詳太監督が登壇した。

「教科書にないッ!」初日舞台挨拶の様子。左から百合沙、片山萌美、森川彩香、馬場良馬、佐々木詳太。

「教科書にないッ!」初日舞台挨拶の様子。左から百合沙、片山萌美、森川彩香、馬場良馬、佐々木詳太。

大きなサイズで見る(全30件)

森川彩香

森川彩香[拡大]

「教科書にないッ!」はヤクザの娘・白樺綾と、彼女と同居することになった高校教師・大楽有彦の学校生活と同棲生活を描いた学園ラブコメディ。本作で映画初出演、初主演を務めた森川は「オーディションには受からないと思っていたんです。『普段のあなたを見せてほしい』と言われて、ガンプラで『ブーン』って(言いながら)戦っている姿を見せてしまったんですよ」と振り返ると会場からは笑いが漏れ、馬場も「日常でそんなことしてんの!?」と驚く。さらに片山が「私は同じオーディションにいたんですけど、真横でそれを見て『ああ、私はもう受かんないな』と思いました(笑)」と心情を述べた。

馬場良馬

馬場良馬[拡大]

演技の感想を聞かれた森川は「綾ちゃんはいつもニコニコしてるので、笑顔を作るのが大変でした。お風呂場とかでずっとこうやってほっぺを上げる練習をしてましたね」と語ると、馬場から「元アイドルだよね!?」とツッコミが入る。その馬場はラブコメに初出演だということで、「僕は今まで、ラブ(の要素)が入る作品って男の子としかやったことがなかったんです。男の子の唇って意外に柔らかいんだなって知っていたんですが……今回は女性とキスさせていただけたりして」と声を弾ませる。さらに「今年でもう32歳なので、いろんな役をやっていかないと役者として必要とされていかないなと思います。だから体当たりのラブコメができたのは監督に感謝してます」とコメント。

作品の内容に絡め、同棲したい男性のタイプを聞かれた森川は「ガンプラは私の体の一部みたいなものなので、ガンプラを作って飾ってても怒らない人がいいです」とまたもやガンプラを話題に上げ、登壇者と観客の笑いを誘った。渋谷HUMAXシネマでは、6月23日まで「教科書にないッ!」「教科書にないッ!2」を1日おきに交互に上映中。また大阪のシネ・ヌーヴォXでは、7月9日から両作品が1週間限定でスクリーンにかけられる。

この記事の画像・動画(全30件)

関連記事

岡田和人のほかの記事

リンク

関連商品

(c)岡田和人(ヤングチャンピオン)1995 (c)2016「教科書にないッ!」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 岡田和人 / 馬場良馬 / 佐々木詳太 / 教科書にないッ! / 教科書にないッ!2 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。