コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「三国志大戦3」新バージョンに弘兼、ちば、高橋ら参戦

25

著名なマンガ家やイラストレーターがカードのイラストを手がけ、話題を集めているセガのアーケードゲーム「三国志大戦」。この最新シリーズ「三国志大戦3 ~猛き鳳凰の天翔~」に、石川雅之川崎のぼるさとうふみや高橋留美子田中宏ちばてつや日本橋ヨヲコ吉田聡が参加。また8月に発売されるオフィシャルバインダーの追加リフィルには、弘兼憲史による「諸葛亮カード」が付いている。

「三国志大戦」はトレーディングカードとビデオゲームの要素を融合させた、アーケード向けカードゲーム。作風やタッチの異なるマンガ家、イラストレーターによって描かれた「三国志」の武将カードを用いることで、プレイヤーは「三国志」の世界をよりリアルに楽しむことができる。またネットワークを利用して全国のプレイヤーとのリアルタイム対戦も可能。

なおこれまで発売された各シリーズでは、池上遼一、漆原友紀、川原正敏、王欣太、柴田ヨクサル、島本和彦、西山優里子、ハロルド作石、森川ジョージ、真島ヒロ、若杉公徳ら、多くのマンガ家が参加しており、単なるカードゲームとしてだけではなく、マニア向けのコレクションアイテムとしても人気を集めている。

コミックナタリーをフォロー