紙袋をかぶった男子とのラブストーリー「こえ恋」ドラマ化!主演は永野芽郁

1289

マンガ・小説配信サービスのcomicoで連載されている、どーるる「こえ恋」のテレビドラマ化が決定した。comico作品がテレビドラマとして実写化されるのはこれが初めて。

「こえ恋」ビジュアル (c)どーるる/comico

「こえ恋」ビジュアル (c)どーるる/comico

大きなサイズで見る(全5件)

「こえ恋」はなぜかいつも紙袋をかぶっている男子高校生・松原くんと、彼の風貌に驚きながらも、その声や優しさに惹かれていく女子・吉岡ゆいこを中心とした青春恋愛ストーリー。ヒロインのゆいこ役は、カルピスウォーターのCMや映画「俺物語!!」大和凜子役で知られる永野芽郁が務める。永野はゆいこ役を演じることについて「ゆいこはとても素直で何でもまっすぐに受け止める女の子だなと思ったので、常に新鮮な気持ちで一つ一つの感情を丁寧に表現できるよう演じたいです」と意気込みを語った。

エンディングテーマは井上苑子「ナツコイ」に決定。ドラマは7月よりテレビ東京ほかにて、毎週金曜深夜の枠でオンエアされる予定だ。

永野芽郁 コメント

初主演に対する意気込み

永野芽郁 (c)「こえ恋」製作委員会

永野芽郁 (c)「こえ恋」製作委員会[拡大]

主演と聞いてびっくりしました。まだ実感がわかないです。
責任重大だなと思いますが、主演だからといってもお芝居に向かう気持ちはいつもと変わらないですね。
視聴者の皆さんにゆいこの恋を応援してもらえるよう頑張りたいと思います。

原作や「吉岡ゆいこ」の印象

見た目も中身もフワフワした可愛い女の子って感じ!
そしてなによりも「なるほど~」と何に対してもすぐに納得してしまうところは自分とそっくりだなと思いました(笑)。

どんなところを意識して、ゆい子を演じたいか

原作を読んで、ゆいこはとても素直で何でもまっすぐに受け止める女の子だなと思ったので、常に新鮮な気持ちで一つ一つの感情を丁寧に表現できるよう演じたいです。

どーるる コメント

この度は自分の作品で、このような機会を頂けたこと本当に嬉しく思います。
初めてドラマ化のお話をお聞きした時、大変驚いたと同時に、実写化された時どのように「こえ恋」の世界観が表現されるのか、とても興味が湧きました。
また、主人公のゆいこを演じてくださる永野芽郁さんはイメージにぴったりなので、ますますドラマ化を楽しみにしております。

渡邊愛美プロデューサー(テレビ東京)コメント

「紙袋をかぶった男の子に恋をする」この突拍子もない設定に驚かれるかもしれませんが、ドラマの内容はこれ以上ないくらいピュアでまっすぐな恋愛物語です。「好きな人のことをもっと知りたい」そんな純粋な恋心を、現役の女子中高生はもちろん、オトナ女子の皆さんにも、ドキドキしたり癒されたりしながら毎週楽しんでいただければと思います。
また、このドラマの象徴ともいえる主人公・吉岡ゆいこを永野芽郁さんが演じてくださいます。感情豊かに変化する表情、そしていつも相手の話に真剣に耳を傾ける永野さんの姿は、まさに「ゆいこ」そのものだと感じました。そんな彼女の誠実さをドラマを通じて視聴者の皆さんにも届けられればと思っております。どうぞ応援よろしくお願いします。
さらにドラマのエンディングテーマが、井上苑子さんの歌う「ナツコイ」に決定しました。恋が始まる瞬間をそのまま切り取ったような、ドラマにぴったりの楽曲となっておりますのでこちらも是非お楽しみ下さい。

この記事の画像(全5件)

関連記事

永野芽郁のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 永野芽郁 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。