コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「妹さえいればいい。」カントク描き下ろしの千尋ブックカバーがGXに

48

本日5月19日発売の月刊サンデーGX6月号(小学館)には、平坂読原作、い~どぅ~作画「妹さえいればいい。@comic」が表紙で登場。付録にはキャラクター原案のカントクが、伊月の義弟・羽島千尋を描き下ろしたブックカバーが付属している。

「妹さえいればいい。@comic」は、“妹モノ”の作品ばかり書くほど妹好きなライトノベル作家・羽島伊月を主人公とした物語。伊月に好意を寄せる天才作家・可児那由多や、伊月の大学時代の同級生・白川京など個性的な面々が登場する。単行本の1巻は本日発売。今号に綴じ込まれたブックカバーは、1巻に付属しているものと着せ替えて使用することが可能だ。

そのほか今号では、実録鉄道マンガ「鉄子の旅」の第3シーズンが開幕。旅の案内人はこれまでと同じく横見浩彦が務め、マンガは霧丘晶が手がける。究極の鉄道オタク・横見に新人女子マンガ家・霧丘が振り回される、ドタバタ珍道中をお楽しみあれ。

コミックナタリーをフォロー