コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

るーすぼーい原作の新連載は“人類の敵”VS能力者、「たなけだ」付録も

49

るーすぼーい原作、古屋庵作画による新連載「無能なナナ」が、本日5月12日発売の月刊少年ガンガン6月号(スクウェア・エニックス)にて開幕した。

「無能なナナ」の主人公・中島ナナオは、さまざまな能力を持った子供たちが集められたエリート学園に通う少年。“人類の敵”と戦うため、日々特別な訓練を行う学園で、「無能」と呼ばれるナナオはクラスに馴染めずにいた。そんなある日、2人の転入生がやってくるところから物語が動き出す。

そのほか今号には、ウダノゾミ「田中くんはいつもけだるげ」のイラストがあしらわれた下敷きが付属。また同誌の25周年を記念した、ガンガン作家による描き下ろしサイン色紙のプレゼント企画第2弾も行われている。6月号では「ソウルイーター」の大久保篤や、「ばらかもん」のヨシノサツキなど13組の作家の色紙がラインナップされた。応募方法などの詳細は誌面にて確認を。また「とある魔術の禁書目録」のスピンオフ4コマ、みじんこうか「とある日常のいんでっくすさん」は最終回を迎えた。

なお次号では「奴隷区」の岡田伸一原作、「王様ゲーム 起源」の山田J太作画による新連載「異能メイズ」が始動する。

コミックナタリーをフォロー