コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ムック「酒場人」に谷口菜津子とスケラッコのマンガ、寺田克也インタビューも

89

ムック「酒場人」Vol.2が、本日4月18日にオークラ出版より発売された。大衆酒場に造詣が深い著名人のエッセイやインタビューが多数収められている。

「酒場人」Vol.2では、谷口菜津子が連載「谷口菜津子の怠惰つまみ」を開始。簡単に作れるつまみを紹介するエッセイマンガで、第1回では冷凍卵を題材にしている。「盆の国」のスケラッコも連載「しょうゆさしの今日ものみたい気分♪」を立ち上げ、1ページでビールとホッピーの魅力を描いた。

またインタビュー記事で寺田克也が登場。寺田は常にラクガキをしていることから“ラクガキング”の愛称で知られ、酒場で飲む間も持参したiPad Proで絵を描く様子が収められた。またアルコールに強くないが味は好きという体質に合わせた飲み方や、イラストレーターとしての生き方についても語っている。

なおVol.1から続く連載企画で、清野とおるが「“赤”以外の街で飲む!」と決めて赤羽以外の街を練り歩く実録レポートや、責任編集を務めるパリッコのマンガ「酒たぬきよっ太の酔太郎電鉄」も掲載。そのほかFPMの田中知之、かせきさいだぁみうらじゅん忘れらんねえよの柴田隆浩、ミドリカワ書房夢眠ねむなど、ミュージシャン・文化人のインタビューやコラムが多数掲載された。

コミックナタリーをフォロー