コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

comico発、女子高生のいじめを描く学園ドラマ「傷だらけの悪魔」実写映画化

1156

澄川ボルボックスが電子マンガ&小説配信プラットフォームのcomicoで連載している、「傷だらけの悪魔」の実写映画化が決定した。2017年に公開される。

「傷だらけの悪魔」は女子高生のいじめをテーマにした学園ドラマ。主人公の女子高生・舞は、転校先の学校で、中学時代に舞の友人からいじめられていた同級生・詩乃と再会する。そこから再び生まれるいじめや、高校生の悩みを描いていく物語だ。単行本は1巻が発売中。映画の詳細は今後、comicoにて順次発表される。

公開に向けて、映画の主題歌を歌う女性シンガーのオーディションも開催される。詳しいレギュレーションや応募方法については、オーディションの特設サイトにて確認しよう。応募の受け付け期間は5月8日まで。

澄川ボルボックス コメント

「傷だらけの悪魔」の実写映画化が決定したと聞き、とても感激しています。応援してくださる読者や関係者の皆様のお陰でこのような機会に恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいです。どんな映画になるのか楽しみにしています!主題歌オーディションの企画がありますので、たくさんの方にご参加いただけたら嬉しいです。

(c)澄川ボルボックス/comico

コミックナタリーをフォロー