新設マンガ賞審査員荒木飛呂彦、新人時代の苦労を熱弁

本日発売の週刊ヤングジャンプ31号(集英社)に、今年より創設された新マンガ賞「ファンタジーコミック大賞」特別企画第1弾として審査員の荒木飛呂彦のインタビューが掲載されている。

新人時代の苦労話として話題に上った、荒木飛呂彦「魔少年ビーティー」の集英社文庫版。

新人時代の苦労話として話題に上った、荒木飛呂彦「魔少年ビーティー」の集英社文庫版。

大きなサイズで見る(全2件)

インタビューにて荒木は自身の作品「魔少年ビーティー」に関するエピソードを引き合いに出し、新人時代の苦労を熱弁。「“魔”だからダメ」「ええ? そこ!? そういうところが言いたいんじゃないんだけど」など、少年マンガの枠組みの中で描き手の意図を貫く厳しさを語っている。

「ファンタジーコミック大賞」審査員としては、リアリティの盛り込み方について指南。「日常を絶対に捨てないこと」など、自らの掲げるポリシーとともにアドバイスを述べている。また選考作品の審査基準も挙げているので、投稿を行う新人マンガ家は必見。

インタビューでは他に、荒木の作画風景、仕事場の資料本棚写真などを見ることができる。「ファンタジーコミック大賞」の公式サイトでは、インタビュー完全版と未公開写真を掲載する予定とのことなので、あわせてチェックしておこう。

関連記事:集英社が新マンガ賞「ファンタジーコミック大賞」を設立

この記事の画像(全2件)

荒木飛呂彦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 荒木飛呂彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。