ヤングエース連載陣、続々発表。付録フィギュアも公開

5月26日発売の月刊少年エース7月号にて、7月4日に創刊される新雑誌、ヤングエース(ともに角川書店)に関する続報が伝えられた。

月刊少年エース7月号。表紙はTVアニメ化が決定した「バカとテストと召還獣」。また今号からは林トモアキ原作、浅川圭司作画の「ミスマルカ郷国物語」がスタートしている。

月刊少年エース7月号。表紙はTVアニメ化が決定した「バカとテストと召還獣」。また今号からは林トモアキ原作、浅川圭司作画の「ミスマルカ郷国物語」がスタートしている。

大きなサイズで見る

執筆陣ラインナップ第2弾は、単行本の帯にて一足先に伝えられたえすのサカエ「未来日記パラドックス」の移籍連載に加え、天津冴「ゆずChu♥」、大岩ケンジ「マーダス・イーター」、天王寺きつね「うぽって!!」、矢上裕「アゲハを追うモノたち」。そのほかタイトルは未定ながら、貴島煉瓦高橋脩井田ヒロト松林悟らの参加も決定した。

またヤングエース創刊号に封入される付録「真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツVer.」のフィギュア画像も公開された。6月27日公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に登場するオリジナルキャラクター、マリのフィギュア化とあって話題となることは必至だ。

さらにヤングエースVol.2には、アスカのフィギュアが用意されていることも判明。雑誌の制作原価が心配になるほどの豪華付録攻勢に、新雑誌編集部の意気込みが強く感じられる予告となった。

えすのサカエのほかの記事

リンク