「ザ・ブルー・ディスティニー」コミカライズがガンダムエースで連載開始

104

千葉智宏シナリオによるたいち庸の新連載「ザ・ブルー・ディスティニー」が、発売中の月刊ガンダムエース11月号(KADOKAWA)にてスタートした。

月刊ガンダムエース11月号

月刊ガンダムエース11月号

大きなサイズで見る

「ザ・ブルー・ディスティニー」は、ゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」のコミカライズ作品。モビルスーツの運用試験をするために編成された連邦の小隊・通称モルモット隊に配属された主人公ユウ・カジマが、謎の蒼いモビルスーツと遭遇したことから動き出す物語を描く。同号には、原作ゲームのスタッフだった千葉、徳島雅彦、稲垣浩文による座談会も掲載されている。

なお10月26日に発売される12月号では、10月4日より放送が開始されるTVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のコミカライズが開始。描き手は礒部一真が務める。

たいち庸のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 たいち庸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。