コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

少年へと戻り過去をやり直す「re:teen」伊達将範・大堀ユタカの大王新連載

47

伊達将範原作・大堀ユタカ作画による新連載「re:teen 繭の中でもう一度10代のキミと会う」が、本日7月27日に発売された月刊コミック電撃大王9月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「re:teen」は主人公・我高往路が、故郷に現れた不思議な壁・コクーン内の調査に出かけたことから始まる近未来SF。コクーンに突入した主人公が少年の姿になり、13年前とある事件をきっかけに疎遠となった幼馴染・ヒメ姉が当時の姿で彼の前に現れたことから物語は始まる。

また今号では佐島勤原作・依河和希作画「魔法科高校の劣等生 追憶編」が最終回を迎えた。これを記念して、作画担当・依河によるイラストを使用したB2サイズの「司波深雪スイムスーツタペストリー」が登場。価格は3240円で、公式オンラインストア・電撃屋が8月26日まで予約を受け付けている。

コミックナタリーをフォロー